千葉東法人会 > すべて表示 > ヘッドライン >
■ 会員さんのお店訪問

グループ:
ワード検索:
41 - 45 ( 124 件中 ) / グループ:すべてのグループ

東都住宅販売(有)
No.110 / Group:建設・不動産
Date: 2008/07/25(Fri) [修正]
不動産業

千葉県千葉市の新築/住宅、土地/不動産のことは東都住宅販売へお任せ下さい!

千葉市内の住宅不動産販売図面とその案内住宅地図を自由に見ることが出来る

画期的なサイトを企画運営中です!住宅不動産探しに是非お役立て下さい!

【業務内容】

千葉市の新築/住宅、土地等の不動産物件の売買及びその仲介を行っています。

注文住宅の請負もお任せ下さい。

住所: 千葉市稲毛区轟町4丁目1番11号シオンビル1階
TEL: 043-207-4117
FAX: 043-207-4118
URL: http://www.totonet.co.jp/
Mail: toto@totonet.co.jp


   



(有)虎屋
No.109 / Group:小売・販売
Date: 2008/07/25(Fri) [修正]
富士見町本通りにある和菓子の『(有)虎屋』は、季節季節の旬菓、生菓子、どら焼き、羊羹などを求めて来るお客様が後を絶たない、昭和13年創業の老舗です。

 二代目社長の森山浩一さんは、千葉県の、卓越技能賞や県知事賞などを受賞していますし、平成14年には、全国和菓子大博覧会で、茶道家元賞を受賞するなどの輝かしい実績の持ち主で、現代の名工の一人です。

 お店の中は美味しそうな和菓子がいっぱいで目移りしてしまいそうです。

 すべてのお菓子がおすすめですが、そのなかでも、茶道家元賞を受賞した技で作る上生菓子と、太陽のめぐみいっぱいの放し飼いの新鮮卵を使用し、北海道産の大粒大納言を丹念に炊きあげた粒餡を使った『こだわりどら焼き』は特におすすめ、また、『花の都・ちば』のシンボルキャラクター『ちはなちゃん』をデザインしたオリジナル開発商品の『ちはなちゃん どらやき』も千葉の土産品として人気です。



住所: 千葉市中央区富士見2-12-1
TEL: 043-222-2469


   



(株)松屋陶器
No.107 / Group:小売・販売
Date: 2008/07/25(Fri) [修正]
陶器のデパートとして県内一番の品揃えを誇る『(株)松屋陶器』、前第六支部連合長で社長の松木茂さんは、二代目、80歳になる今でもお元気で毎日お店に出ています。現在は、社長が店売り、三代目の息子さんが外商をこなしています。

 市場町にあるお店に一歩足を踏み入れると、陶磁器、漆器、ガラス器、スプーンなどの日用品、壷、花瓶、お盆、重箱などの贈答品、鍋、甕、やかんなどが所狭しと並んでいて見ているだけでも楽しくなります。

 色々見ているとホームセンターやスーパーなどより良い品物がデパートなどよりずっと安く並んでいて掘り出し物が見つけられそうです。

 今ではお客さんもめっきり減り、家で使うものは昔のようには売れなくなりましたとおっしゃる松木社長ですが、永年、正直、誠実をモットーに商売をし続けてきたおかげで、今では、大手の会社、病院、飲食店、ゴルフ場、福祉施設など、多くの得意先に雑貨や消耗品を納品しています。

 また、千葉の土産物として指定されている千葉城シリーズの湯飲み、マグカップも好評発売中です。



住所: 千葉市中央区市場町6-17
TEL: 043-224-3550


   



(有)飛馬
No.106 / Group:小売・販売
Date: 2008/07/25(Fri) [修正]
『(有)飛馬』は、お弁当とイベント企画の会社です。

 法人会青年部でも活躍する、社長の名田裕之さんは、地元の出身、20代ではじめた飲食店でお弁当を扱っているうちに、そちらの方が本業になり、お弁当屋さんになっていたそうです。

 元々高校球児で野球好きだった名田社長、野球大会、運動会、スポーツ大会などにお弁当を届けているうちに、持ち前のサービス精神と、そのきめ細やかな配慮が評判となってスポーツなどのイベント企画も手がけるようになりました。

 モットーは、『お客様のニーズに応え、必要なものを必要なときにお届けする』とのこと、体育会系で元気いっぱいの社員さんみんなで、お客様の希望を何とか叶えてあげたいという心意気で、会議、行楽、運動会のお弁当から映画やテレビのロケ弁まで、また、旅行、お花見、記念式典、安全大会、バーベキューなどの企画と設営など、美味しいお弁当ときめ細やかな心配りが、ファンを増やし、紹介とリピーターで売上を伸ばしています。



住所: 千葉市若葉区太田町91
TEL: 043-214-7760


   



(有)石橋時計舗
No.105 / Group:小売・販売
Date: 2008/07/25(Fri) [修正]
院内町にある『(有)石橋時計舗』は、創業60年を迎える時計、メガネの老舗です。院内支部の役員でもある、社長の石橋直さんは、この道一筋、宮城県の出身ですが、時計学校の教官をしていた奥様のお父さんに、その技術と真面目さを見込まれてお店を任されて40数年が経ちました。

 量販店などの進出で新しい時計はすっかり売れなくなったと嘆く石橋社長ですが、その一方で古い時計を再生させる点においては他社の追随を許さない技術と自信があります。

 柱時計、掛け時計、腕時計、昔ながらのゼンマイ式の時計なら細かい部品から作り直して再生させられますとおっしゃる石橋社長、他のお店で見放されたものでも何とか直してきた実績が口づてに伝わり、県外からも修理の依頼があるそうです。

 1/100mmの細かい部品を扱うので、車の運転はしないなど日常生活に気を遣い、常に体調管理を心がけています。

目と手先が効く限りこの仕事を続けたいとおっしゃる石橋社長、普段柔和な眼差しも時計を見るときは鋭さを増すようです。



住所: 千葉市中央区院内1-1-10
TEL: 043-222-5455


 



Page:[ ←前 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 => / 次→ ]

- WL-News Ver1.02 -