メールでのお問い合わせ

企業の反映と社会への貢献をめざして。

会長ご挨拶

千葉東法人会は結成以来「税」の分野を中心に活動してきました。

現在では3,000を超す会員を擁し、社会に貢献する各種事業を積極的に行うとともに、活発な会員相互の交流を通して新たな人脈の輪が広がっています。

今後とも地域社会にとって重要な、会員にとって役に立つ法人会を目指してまいります。

  • 会員のメリット
  • 行事予定
  • PRコーナー
  • 広報誌

法人会ニュース

青年部会が市内小学校で租税教室を開催

2019.01.15青年部会が市内小学校で租税教室を開催

1月15日(火)、青年部会(奥山部会長)8名が千葉市立緑町小学校において、6学年3クラス90名の児童のみなさんを対象にして、今年度第2回目の租税教室を開催しました。
授業では「主な税金の種類としくみ」や「なぜ税金は必要なのか」を分りやすく学んでもらうために、普段の生活のシーンを題材にした寸劇や小学生に使われる税金(教育費)に関するクイズを通して、「税金はみんなの社会をみんなで支える会費みたいなもの」ということを勉強しました。第1回目は昨年12月17日、千葉市立千城台東小学校(6学年2クラス64名)で開催、次回第3回目は2月14日、同高洲第四小学校(6学年1クラス37名)で開催の予定です。

『税の作品展inそごうギャラリー』に“中学生の一日署長”来場

2018.12.11『税の作品展inそごうギャラリー』に“中学生の一日署長”来場

千葉東税務署による『税の作品展inそごうギャラリー』(別掲)では「税に関する絵はがき」のほか「税の標語」「税についての作文」等、千葉東税務署管内の小学校、中学校、高等学校の児童・生徒さんによる税に関する優秀作品が展示されています。作品展初日のこの日、千葉東税務署管内納税貯蓄組合連合会が募集した「中学生の税についての作文」で東京国税局長賞を受賞した生徒さんも“千葉東税務署一日署長”として来場、師走のあわただしさの中、多くの市民の方が作品の前で足を止めていました。