メールでのお問い合わせ

企業の反映と社会への貢献をめざして。

会長ご挨拶

千葉東法人会は結成以来「税」の分野を中心に活動してきました。

現在では3,000を超す会員を擁し、社会に貢献する各種事業を積極的に行うとともに、活発な会員相互の交流を通して新たな人脈の輪が広がっています。

今後とも地域社会にとって重要な、会員にとって役に立つ法人会を目指してまいります。

  • 会員のメリット
  • 行事予定
  • PRコーナー
  • 広報誌

法人会ニュース

2018.11.4第26回千葉市若葉区民まつり

11月4日(日)、千葉市中央区ふるさとまつり(10月21日)に続いて、「第26回若葉区民まつり」が千葉市若葉区の東京情報大学キャンパスで開催され、千葉東法人会ブースを出店しました。来場者は来年10月に実施予定の消費税軽減税率制度にちなんだ『税金クイズ』にチャレンジ、『一億円と一緒に写真を撮るコーナー』も終始人波が途切れることなく子供から大人までたくさんの来場者で終日にぎわいました。

第26回千葉市若葉区民まつり

2018.8.19第43回千葉の親子三代夏祭り

8月19日(日)、千葉市の夏の風物詩「第43回千葉の親子三代夏祭り」が中心市街地周辺で開催され、今年も青年部会が“みんなの広場”に「屋台村子供店長」を出店、女性部会が祭りのフィナーレを飾る2千人規模の市民が踊り歩く「親子三代千葉おどり」に団体参加しました。

[青年部会]

「屋台村子供店長」では公募参加の小学校5~6年生児童20名が水ヨーヨー釣りやスーパーボールすくいの屋台を自分たちで運営しました。屋台終了後の租税教室ではこの日の売り上げをもとに消費税や所得税の計算をして、最後に千葉東税務署長さんに模擬納税をしました。

第43回千葉の親子三代夏祭り

[女性部会]

揃いの浴衣の女性部会員に本部役員と千葉東税務署の皆さんも加わって、総勢71名からなる“法人会連”が太鼓のリズムにあわせて華やかに踊り歩きました。

第43回千葉の親子三代夏祭り