メールでのお問い合わせ

企業の反映と社会への貢献をめざして。

会長ご挨拶

千葉東法人会は結成以来「税」の分野を中心に活動してきました。

現在では3,000を超す会員を擁し、社会に貢献する各種事業を積極的に行うとともに、活発な会員相互の交流を通して新たな人脈の輪が広がっています。

今後とも地域社会にとって重要な、会員にとって役に立つ法人会を目指してまいります。

  • 会員のメリット
  • 行事予定
  • PRコーナー
  • 広報誌

法人会ニュース

2016.8.21第41回千葉の親子三代夏祭りに参加

千葉開府890年の節目の年に重なって、開府の祖「千葉氏」関連の様々なイベントが同時開催された、第41回千葉の親子三代夏祭りが千葉市中央区の中心商店街一帯で開催されました。台風9号の影響が心配されましたが、今年も青年部会が「屋台村子供店長」を出店、女性部会が「親子三代千葉おどり」に団体参加しました。

[青年部会]

「屋台村子供店長」は子供たちにお金を稼ぐ大変さや税金の大切さを体験的に理解してもらうために、毎年実施しているもので今年で7年目。公募参加の小学生児童19名がヨーヨー釣りやスーパーボールすくいの屋台を自分たちで運営しました。
屋台終了後の租税教室では売上金をもとに消費税や所得税の計算をして、最後に千葉東税務署長さんに模擬納税をしました。この模様は地元のケーブルTVでも紹介されます。

[女性部会]

祭りのフィナーレを飾るのが、すっかり日が落ちた中心商店街を多くの参加団体や飛び入りの市民が2千人規模で踊り歩く「親子三代千葉おどり」です。揃いの浴衣の女性部会員に本部役員と千葉東税務署の男性陣も加わって、総勢80名からなる“法人会連”が響き渡る太鼓のリズムに合わせて練り歩き、沿道の観衆と一つになって最後まで盛り上げました。

2016.8.9平成28年度「簿記講座」修了式

梅雨入り直後の6月9日から始まった今年度の簿記講座も、今夏最高気温を記録したこの日、最後の18回目となる授業が行われ全過程が終了、受講者それぞれに修了証書が授与されました。この2か月間で確実にスキルアップした受講者は、次のステップへのチャレンジや今後の仕事の取り組みに意気込みを見せていました。