メールでのお問い合わせ

法人会ニュース

オリジナルステッカーでマイナンバー等利用を呼びかけ

2017.7.3マイナンバー等利用促進のオリジナルステッカーを制作

千葉東法人会ではこのほど、マイナンバー・e-Tax及びeLTAXの利用促進のため、イータ君とマイナちゃんが千葉県の県花である菜の花に囲まれたオリジナルデザインのステッカーを制作しました。
これは千葉東税務署管内の税務協力6団体が共同で行った「マイナンバー・e-Tax及びeLTAX利用推進宣言」の一環で、今後、会員企業の事業所や店頭に貼付して利用促進を呼びかけることにしています。

2017.6.8平成29年度簿記講座スタート

千葉東法人会では地域企業の人材育成を支援するため、経理・税務事務に欠かせない簿記の知識習得を目的とする「簿記講座」を長年に亘って開催してきました。
今年度は6月8日から8月8日まで毎週火・木曜日(午後3時~5時)2日間の長丁場となりますが、参加者はそれぞれ多忙な業務の時間を割き、日技技能検定試験合格を目指して熱心な取り組みがスタートしました。

2017.4.26支部連合合同総会開催

千葉東法人会は管轄区域ごとに42支部と5支部連合で形成されています。今年も4月18日から26日にかけて支部合同総会が順次開催されました。
最終日の第5支部連合合同総会では70名の会員出席のもと、第一部「税務研修会」では①平成29年度税制改正、②自主点検チェックシートの活用、③マイナンバーカードでe-Taxをテーマに千葉東税務署法人課税第一部門統括官と上席調査官の解説による研修を行い、第二部「合同総会」では地域社会貢献事業・会員支援事業を柱とする平成29年度の活動に取り組むことが決定されました。
第三部「交流会」では参加者相互の熱心な異業種交流が繰り広げられました。

2017.3.23平成28年度第10回「決算期別法人説明会」開催

当会が行う税知識の普及・税の啓発活動の柱のひとつが「決算期別法人説明会」です。
この説明会は決算期(月)を迎えた管内の全法人を対象として、正しい決算手続きを行うための留意点等の理解と周知を目的に、千葉東税務署・千葉県税理士会千葉東支部と共催で開催しています。
最近では企業の税務コンプライアンス向上に資するため、国税庁が後援する「自主点検チェックシート・ガイドブック」活用の勧奨も行っています。
本年度最後の開催となった説明会は管内の法人から94名が参加し、千葉県経営者会館大ホールにて開催されました。平成29年4月以降の開催予定は、当会ホームページにて順次お知らせします。

2017.3.3「新会員交流会」開催

3月3日(金)、地元経営者による異業種交流の一環として「新会員交流会」を市内のホテルで開催しました。回を重ねて7回目となる今年は、新たに加入した法人を中心に総勢125名が参加し、第一部公開講座では「千葉駅周辺の活性化グランドデザイン」について千葉市都市部都心整備課長による講演が行われ、第二部交流会では参加者同士の活発な名刺交換・交流の輪が会場一杯に広がっていました。

2017.1.26青年部会が市内小学校で租税教室を実施

1月26日(木)、青年部会(山本剛部会長)の役員6名が、千葉市立千城台西小学校の6年1組(児童数35名)の教室におじゃまして、5時限目の授業で「租税教室」を実施しました。
授業では「主な税金の種類としくみ」や「なぜ税金は必要なのか」をわかりやすく学んでもらうために、日常生活を題材にした寸劇や小学生に使われる税金(教育費)に関するクイズを行い、「税金はみんなの社会をみんなで支えるための会費みたいなもの」ということを勉強しました。
次回は2月1日(水)千葉市立小中台南小学校で実施の予定です。

2016.12.5「マイナンバー ・ e-Tax及びeLTAX利用推進宣言式」開催

千葉東税務署団体長会(会長:大岩哲夫千葉東法人会会長)は12月5日(月)、千葉市中央区の官民複合施設「Qiball」(きぼーる)1Fアトリウムにおいて、「マイナンバー ・ e-Tax及びeLTAX利用推進宣言式」を行いました。式では大岩会長が各団体の会員が一丸となって一層の利用促進に取り組む旨の利用推進宣言を行い、千葉東税務署長、千葉県中央県税事務所長、千葉市税務部長のみなさんにそれぞれ宣言書をお渡ししました。
宣言式の模様は当日地元千葉テレビのNEWSチバ930で紹介されました。
〔千葉東税務署団体長会構成団体〕
千葉県税理士会千葉東支部/千葉東税務署管内納税貯蓄組合連合会/公益社団法人千葉東法人会/公益社団法人千葉青色申告会/千葉東間税会/千葉東酒類業懇話会

2016.10.16 & 2016.11.6区民まつりで税の啓発活動を行いました

10月16日(日)には第24回千葉市/中央区ふるさとまつり(千葉市・中央公園ほか)が、11月6日(日)には第24回千葉市/若葉区民まつり(千葉市・東京情報大学)が、多くの地域団体や市民グループが参加して実施され、両日とも多くの来場者で賑いました。
千葉東法人会ブースではちょっとためになる『税金クイズ』に多くの来場者が挑戦、国税庁e-Taxキャラクターの「イータ君」もチビッ子たちの人気者になっていました。

2016.10.27公開公演会開催
講演・朗読劇『未来へ』(後編) ~小説「それからの特攻の母」より~

10月27日(木)、税に関する啓蒙活動の一環として、講演・朗読劇『未来へ』(後編)の公開公演会をTKPガーデンシティ千葉(千葉市中央区)にて、公益社団法人千葉東青色申告会、千葉東税務署管内納税貯蓄組合連合会との共催で開催しました。
この公演会は昨年11月25日開催の(前篇)に続くもので、朗読劇『未来へ』制作委員会(代表:日大経済学部教授、元金沢国税局長伏見俊行氏)のメンバーによって語られた特攻の母・鳥濱トメさんが、戦後、特攻隊員の思いを受け、平和を祈り社会のために捧げた人生に、会場を埋めた一般市民の方々を含む参加者は深い感銘を受けました。またこうした活動に取り組むボランティアのメンバーには「一人でも多くの人に知ってもらいたい」「心に響きました」「すべてに感動しました」等多くの賛辞が寄せられました。

2016.10.2女性部会メンバーが献血を呼びかけ

10月2日(日)、イオンモール幕張新都心グランドモール(千葉市美浜区)の一角に日赤千葉県赤十字血液センターの献血会場が開設されました。久々の好天に恵まれ、多くの家族連れや買い物客でにぎわうなか、女性部会のメンバーが献血を呼びかけるプラカードを掲げて、“一人でも多く”との思いで協力を呼びかけました。
(写真はハロウィンキャンペーンの献血啓発イベント中の千葉県学生献血推進協議会メンバーと)

2016.8.21第41回千葉の親子三代夏祭りに参加

千葉開府890年の節目の年に重なって、開府の祖「千葉氏」関連の様々なイベントが同時開催された、第41回千葉の親子三代夏祭りが千葉市中央区の中心商店街一帯で開催されました。台風9号の影響が心配されましたが、今年も青年部会が「屋台村子供店長」を出店、女性部会が「親子三代千葉おどり」に団体参加しました。

[青年部会]

「屋台村子供店長」は子供たちにお金を稼ぐ大変さや税金の大切さを体験的に理解してもらうために、毎年実施しているもので今年で7年目。公募参加の小学生児童19名がヨーヨー釣りやスーパーボールすくいの屋台を自分たちで運営しました。
屋台終了後の租税教室では売上金をもとに消費税や所得税の計算をして、最後に千葉東税務署長さんに模擬納税をしました。この模様は地元のケーブルTVでも紹介されます。

[女性部会]

祭りのフィナーレを飾るのが、すっかり日が落ちた中心商店街を多くの参加団体や飛び入りの市民が2千人規模で踊り歩く「親子三代千葉おどり」です。揃いの浴衣の女性部会員に本部役員と千葉東税務署の男性陣も加わって、総勢80名からなる“法人会連”が響き渡る太鼓のリズムに合わせて練り歩き、沿道の観衆と一つになって最後まで盛り上げました。

2016.8.9平成28年度「簿記講座」修了式

梅雨入り直後の6月9日から始まった今年度の簿記講座も、今夏最高気温を記録したこの日、最後の18回目となる授業が行われ全過程が終了、受講者それぞれに修了証書が授与されました。この2か月間で確実にスキルアップした受講者は、次のステップへのチャレンジや今後の仕事の取り組みに意気込みを見せていました。

2016.6.9平成28年度「簿記講座」開講

経理・税務事務に欠かせない簿記の知識習得を目的とする本講座は、地域企業の健全な発展に資するための中心的事業として長年に亘って開催してきました。
今年度は6月9日から8月9日まで2か月間、毎週火・木の2日(午後3時~5時)、多忙な業務の時間を割いて3級程度のスキルの習得を目指すなか、初日のオリエンテーションでは受講者のみなさんはそれぞれの受講動機などを発表して、熱心な取り組みがスタートしました。

2016.5.18源泉部会・第422回研修会開催

千葉東法人会源泉部会は、昭和49年10月、税に関する法令や通達等の実務研究を行い、円滑な税務行政に寄与することを目的に、会員の大規模源泉徴収義務者を対象に発足しました。以来、今日に至るまで40年余り、年間10回のペースで研修会を重ねてきました。
第422回研修会は、各法人で関連実務に携わる皆様の要望を踏まえ、「社会保険・労働保険」をテーマに開催しました。次回は「初めての源泉徴収事務」をテーマに6月16日に開催します。詳細は本ホームページの“千葉東法人会からのお知らせ”記載事項をご参照ください。

2016.4.26支部連合合同総会開催

4月19日から26日にかけて、管轄内の5つの支部連合ごとの合同総会が順次開催されました。最終日の第5支部連合の総会では72名が出席、第一部「税務研修会」では平成28年度税制改正における法人税課税関係の主要な内容について、千葉東税務署法人課税部門担当上席の解説による研修を行い、第二部「合同総会」では地域社会貢献事業・会員支援事業を柱とする平成28年度の活動に取り組むことが決定されました。
引き続き開催された第三部「交流会」では参加者相互の活発な異業種交流が繰り広げられました。

2016.3.4新会員交流会&公開講演会開催

千葉東法人会では研修会・セミナー等各種事業に積極的に取り組み、そうした機会に合わせて、参加した経営者による活発な異業種交流を行っています。その一環として、3月4日、新たに加入した経営者を対象とした交流会を市内ホテルで開催しました。
第一部公開講座の警察庁サイバー犯罪対策セクション専門官による講演の後、第二部の交流会では出席した総勢115名の経営者同士、熱のこもった交流が繰り広げられました。

2016.1.13市内小学校で「租税教室」実施

1月13日(水)午前、青年部会の役員6名が千葉市立大宮台小学校におじゃまして、6年生17名の児童のみなさんを対象に本年度2回目となる「租税教室」を実施しました。 授業では「税金の種類」「税金の仕組み」「なぜ税金が必要なのか」をわかりやすく学んでもらうために、メンバーが商店主や小学生、税務署長に扮した日常生活の様々なシーンごとの寸劇や学校生活と税金に関するクイズを行い税の理解を深めていただきました。
次回は1月27日(水)、千葉市立柏台小学校で実施予定です。

2015.11.25公開公演会 "朗読劇「未来へ」&講演~小説「それからの特攻の母」より~"

11月11日〜17日の「税を考える週間」にちなんで、税に関する様々な啓蒙活動に取り組みましたが、その締めくくりとして11月25日、ホテルポートプラザちばにおいて標記の公演会を開催しました。
この公演会は元金沢国税局長で日本大学経済学部教授の伏見俊行氏とボランティアのグループが昨年11月の福岡小倉公演を皮切りに全国各地で上演しており、千葉県では今回が初めてとなります。法人会会員はもとより一般の方々を含む200名の参加者にとって、戦中・戦後の税務行政そして日本の復興、発展に尽くされた方々の生き方は感銘深いもので、朗読劇・講演・ミニコンサートの3部構成による2時間はあっという間に過ぎました。参加者からは「大変感動した」「心に響いた」「もっと若い人たちに聞いてもらいたい」等たくさんの賛辞の声が寄せられました。

2015.11.11「税を考える週間」が始まりました。

国税庁による「税を考える週間」(毎年11月11日~17日)にあわせ、千葉東法人会では11月11日(水)、本部役員と女性部会役員が、千葉東税務署幹部や他の関連団体の皆様とともに千葉駅前でe-Tax推進ウエットテイッシュ、税の啓蒙資料の配布など街頭キャンペーンを行いました。
また、「税を考える週間」の行事の一環として、東京国税局の上良睦彦課税第二部長と当会の大岩哲夫会長による「税の役割と税務署の仕事」を テーマとした対談が行われ、11月10日の千葉日報紙に紙上対談として掲載されました。

2015.10.18第23回千葉市中央区ふるさとまつり」で税の啓発活動を行いました。

10月18日(日)、千葉市の中央公園をメイン会場に、恒例の「中央区ふるさとまつり」が多くの地域団体や市民グループの参加のもと開催されました。
千葉東法人会ブースでは身近な生活にちなんだ『税金クイズ』や『一億円と一緒に写真を撮るコーナー』に終始行列が途切れることなく、国税庁e-Taxキャラクターのイータ君も駆け付け、子供から大人までたくさんの来場者で終日にぎわいました。

2015.8.16「第40回千葉の親子三代夏祭り」に参加しました。

 「こどもたちに夢を ふるさとづくり」をテーマに第40回千葉の親子三代夏祭りが8月16日(日)、千葉市中央区の中心商店街一帯で開催され、青年部会が「みんなの広場」で「屋台村子供店長」を出店、女性部会、事業委員会が「親子三代千葉おどり」に団体参加しました。

[青年部会]

 「屋台村子供店長」のブース出店はお金を稼ぐ大変さや税金の大切さをこどもたちに少しでも理解してもらうため、青年部会が租税教育活動の一環として平成22年度から実施しているものです。公募参加の市内の小学5・6年生17名がヨーヨー釣りやスーパーボールすくいの準備からお客様の対応まで行い、ブース閉店後は千葉市の施設「きぼーる」の会議室に移り青年部会役員が講師になって租税教室を開催しました。
 教室では苦労して稼いだ売上金をもとに消費税や所得税額を計算して模擬納税を行うなど参加した小学生にとって夏休みならではの体験をした一日になりました。

[女性部会]

 このお祭りのフィナーレを飾るのが、すっかり日が落ちた中心商店街を2千人規模で踊り歩く“親子三代千葉おどり”です。今年も女性部会の面々は揃いのゆかたとたすき、本部役員と千葉東税務署からの男性陣はブルーの法人会カラーの法被で、総勢70名が他の参加団体と共に鳴り響く太鼓のリズムに合わせて練り歩き、沿道の観衆と一つになって最後まで祭りを盛り上げました。

2015.6.9平成27年度「簿記講座」開講

千葉東法人会では地域企業の健全な発展に資する各種事業に取り組んでいますが、経理・税務事務に欠かせない基礎知識の習得を目的とした簿記講座もその一つであり、中には人材育成の一環として毎年受講者を派遣する法人もあるなど、当会の中心的事業として定着しています。
今年度は6月9日から8月6日まで18日間、毎週火・木の2日(午後3時~5時)、受講者のみなさんはそれぞれ多忙な業務の時間を割くなかで、3級程度のスキルの習得を目指して、熱心な取り組みがスタートしました。

2015.4.21支部合同総会開催

4月20日(月)から24日(金)までの日程で5つの支部連合毎の総会が順次開催されます。
初日の第5支部連合の総会では会員66名が出席、第1部では来年1月からスタートする社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の概要について、千葉東税務署法人課税第一部門担当官の解説による研修を行い、第2部合同総会では地域社会貢献事業・会員支援事業を柱とする平成27年度事業に取り組むことが決定されました。
また、第3部交流会では会員相互の活発な異業種交流が繰り広げられました。

2015.3.18平成26年度第10回「決算期別法人説明会」開催

千葉東法人会が取り組む「税知識の普及・税の啓発活動」の基幹的事業のひとつに「決算期別法人説明会」があります。この説明会は決算期(月)を迎えた管内の全法人を対象として、正しい決算手続きを行うに当たっての留意点等の理解と周知を目的に、千葉東税務署・千葉県税理士会千葉東支部との共催で実施しています。
3月18日には千葉県経営者会館の大ホールに管内の法人から102名が参加し、本年度第10回目となる説明会が開催されました。平成27年4月以降の開催予定は、当会ホームページにて順次お知らせしますので、対象法人のご参加をお待ちしています。

2015.3.4平成26年度新会員交流会開催

千葉東法人会では研修会やセミナー等各種事業を通じて会員相互の交流・人脈づくりの活発化に取り組んでいますが、その一環として3月4日(水)、本年度の新会員121社を対象として、本部支部役員も加わった交流会を京成ホテルミラマーレで開催しました。
第一部公開講座ではサッカー解説者セルジオ越後氏に「日本のサッカーからみる組織マネジメント」と題してご講演いただいた後、第二部の交流会(名刺交換会)では、新会員を囲んで熱気に満ちた交流が会場一杯に繰り広げられました。

2015.1.21平成27年「新春講演会」開催

1月21日(水)、千葉東法人会と千葉東間税会共催による恒例の「新春講演会」を千葉市内のホテルで開催しました。今回は慶應義塾大学名誉教授 池井優氏をお招きして『ヤンキースはなぜ田中投手に161億円もの大金を払えるのか~大リーグと日本プロ野球の経営戦略』と題しご講演いただきました。
日・米両国の野球界の歴史や現状等、様々な興味深いエピソードを交えたご講演に、会場を埋めた会員企業と一般聴講希望者あわせて200名の参加者は終始熱心に耳を傾けていました。また講演会終了後は会場を移して、異業種交流会が盛況裡に開催されました。

2015.1.16地元小学校で「租税教室」開催

1月16日(金)午前、青年部会のメンバー6名が千葉市立都賀の台小学校におじゃまして、6学年2クラスの児童60名のみなさんを対象に、今年度2回目となる「租税教室」を開催しました。
授業では普段の家庭生活を題材としたメンバーによる寸劇も交え、「主な税金の種類や仕組み」「なぜ税金は必要なのか」などを学んでいただきました。
授業を受けた児童のみなさんからは「税金が使われている教科書や学校の施設を大切に使いたい」といった声が聞かれました。

2014.11.27「平成26年度公開講座」開催

11月27日(木)、千葉市内のホテルにTBSテレビ報道局の杉尾秀哉氏をお招きして、「報道から見たこれからの日本の姿」と題して講演会を開催しました。 “日本は重大な岐路にさしかかっている。人口問題等長期的課題に直面しているが、我が国はこれまでも課題解決力を発揮してきた”との講演に、会員企業と一般合わせて約100名の参加者は終始熱心に耳を傾けていました。
千葉東法人会では今後とも各種公開講演会・セミナー等を開催する予定です。

2014.11.26「平成27年度税制改正に関する提言」に関する要望活動を実施しました。

11月26日(水)午前、大岩会長と税制委員会の代表が千葉市の鈴木達也副市長を訪ね、全国法人会総連合でとりまとめた「平成27年度税制改正に関する提言」に基づく要望活動を実施しました。
会談では税制改正に関する事項はもとより千葉市のまちづくり等について意見交換が行われました。また、これに先立つ11月18日、地元選出国会議員(参議院)に対しても同様の要望活動を実施しました。
なお、「平成27年度税制改正に関する提言」の内容は、当会ホームページの「法人会とは」に記載してありますのでご参照ください。

2014.10.19「第22回千葉市中央区ふるさとまつり」で税の啓発活動を行いました

10月19日(日)、千葉市の中央公園および近接商店街を会場に、恒例の「中央区ふるさとまつり」が秋空のもと多くの地域団体や市民グループの参加のもと開催されました。
中央公園会場の千葉東法人会ブースでは、『税金クイズ』や『一億円と一緒に写真を撮るコーナー』など法人会ならではのイベントに国税庁e-Taxキャラクターのイータ君も駆け付け、終日たくさんの来場者でにぎわいました。

2014.9.21女性部会役員がショッピングセンターで献血を呼びかけ

9月21日(日)、千葉市内の大型ショッピングセンター アリオ蘇我の一角に日赤千葉県赤十字センター移動採血車のオープン献血会場が開設されました。休日の家族連れや買い物客でにぎわう中、7名の女性部会メンバーは “一人でも多く” との思いで献血の協力を呼びかけました。
アリオ蘇我での次回実施は10月19日(日)の予定です。みなさまのご協力をお願いいたします。

2014.8.17第39回千葉の親子三代夏祭りが盛大に開催されました

[青年部会]

9月17日(日)、真夏の太陽が照りつける中、千葉市中央区の中心商店街一帯で開催された千葉の親子三代夏祭りの「みんなの広場」に“屋台村子供店長”の元気な声が飛び交いました。
千葉東法人会青年部会が租税教育活動の一環として企画出店したブース“屋台村子供店長”は今年で5回目になります。当日は公募参加の市内の小学5・6年生17名が自分たちで準備したヨーヨー釣りやスーパーボールすくいの呼び込みやチビッ子のお客様の対応など忙しく切り盛りしたあと、千葉市の施設「きぼーる」の会議室に移り青年部会役員が講師になって租税教室を開催しました。
教室では苦労して稼いだ売上金をもとに消費税や所得税額を計算したり、税金の大切さを学ぶなど、参加した小学生にとって夏休みならではの体験をした一日になりました。
この“屋台村子供店長”の模様は、夏祭りの屋台の経営を通して子供たちがお金を稼ぐ大変さや税金の大切さを学ぶ催しとして、NHKテレビの当日夕方の首都圏ニュースで放送されました。

[女性部会]

千葉市の夏の風物詩となったこのお祭りのフィナーレを飾るのが、夜の中心商店街を踊り歩く“親子三代千葉おどり”です。
夏の日が落ちて踊りのスタート時間が近づくとお祭りの雰囲気は最高潮に向います。飛び入り参加も加わって2,000人規模にふくれあがった踊り手が鳴り響く太鼓のリズムに合わせて練り歩き、会場一帯が熱気と興奮に包まれます。
千葉東法人会女性部会は揃いのゆかたとタスキ、本部役員と千葉東税務署からの男性陣はブルーの法人会カラーの法被で総勢70名が連を作り、沿道を埋めつくした観衆と一つになって最後まで祭りを盛り上げました。

会場:学校法人 秋葉学園
千葉情報経理専門学校
(千葉市中央区新宿2-5-2)

2014.6.19平成26年度簿記講座開講

千葉東法人会では地元企業の人材育成を支援するため、経理・税務事務に欠かせない基礎知識の習得を目的とした簿記講座を毎年開催しています。
今年度は業種も様々な地元企業から19名の受講者が6月10日から8月7日まで18日間の本講座に参加、毎週火・木の2日(午後3時~5時)それぞれ多忙な業務の時間を割くなかで、3級程度の知識と技能の習得を目指して熱心な取り組みがスタートしました。

2014.5.22女性部会創設30周年記念式典開催

千葉東法人会女性部会は前身の婦人部会が昭和59年5月18日に創設され、今年で30周年を迎えたことから、5月12日、千葉市内のオークラ千葉ホテルで記念式典を開催しました。式典では女性部会員一同、改めて30年前の創設メンバーの真摯な思いに立ち返るとともに、女性経営者として一段の資質向上に努め、地域に貢献する活動に一層力を合わせて行こうと心を一つにしました。

式典後の祝賀会ではチャリティージャズコンサートが行われ、出席の皆様からの寄附金12万3000円を千葉市の社会福祉基金に寄贈しました。

2014.3.7平成25年度新会員交流会開催

千葉東法人会では様々な事業を通して会員の相互交流の活発化に取り組んでいますが、その一環として3月7日(金)、新会員を囲む交流会を京成ホテルミラマーレで開催しました。

第1部公開講座では株式会社セブン銀行の二子石謙輔社長を講師にお迎えし「経営と『離見の見』」と題してご講演頂き、第2部の交流会(名刺交換会)では冒頭、新会員の企業紹介やPRが行われた後、100名を超す参加者による交流の輪が会場一杯に広がり、大盛況の会となりました。

2014.2.18源泉部会の第400回研修会開催

千葉東法人会源泉部会は会員の大規模源泉徴収義務者を対象に、必要な法令・通達等の実務研究を行い、円滑な税務行政に寄与することを目的に昭和49年10月に発足しました。

以降、今日に至るまでほぼ毎月千葉東税務署(当初は千葉税務署)や千葉市役所の担当官を講師に迎えて研修会を重ねてきましたが、今月18日に節目となる400回目の研修会が開催されました。

公益移行後は年末調整や確定申告、e-Taxパソコン研修などテーマごとに広く一般にも参加を呼びかけて開催しています。今後も法人会の根源的な事業の一つとして取り組んでまいります。

2014.1.24青年部会の租税教育活動が紙面に

青年部会(桑田忠行部会長)では小学校への出前授業である「租税教室」とともに、毎年8月に開催される千葉の親子三代夏祭りにおいて、市内小学5・6年生が主役の体験型租税教育活動ともいえる『屋台村子供店長』を出店しています。

この活動については今年も継続実施予定ですが、1月17日(金)の日本経済新聞(夕刊)にも“税金のあり方を子供のころから学ぶ各地の取り組み”として紹介されました。

2014.1.10今年度3校目の租税教室を実施しました

1月10日(金)の午後、青年部会のメンバー7名が千葉市立幸町第二小学校の6年生のクラスにおじゃまして、今年度3校目となる租税教室を実施しました。授業では税金の種類やしくみのほか「校舎」や「体育館」「プール」といった身近なものにどの位の税金が使われているか、といったクイズをとおして、「税金を無駄使いしない」ことの大切さも学んでいただきました。

2014.1.1新年のご挨拶

会長 大岩哲夫

あけましておめでとうございます。

昨年はお陰様で公益社団法人千葉東法人会として2年目を迎え、私どもの60年有余に及ぶ歴史の中で培った「税」に関する事業に加え、地域社会貢献事業にも積極的に取り組んでまいりました。

迎えた平成26年におきましても「健全な経営者を目指す会員が、申告納税制度の普及と確立に寄与し社会の発展に貢献する」という結成以来の理念に立って、更にこの度の公益社団法人への移行を踏まえ、組織基盤の充実強化と地域社会への一段の貢献に努めて参る所存です。

新しい年が、皆様にとりまして明るい展望が開ける年となりますよう心からお祈りいたします。

2013.12.6&10「青年部会が租税教室を実施しました」

12月6日と10日の両日、千葉市立大宮小学校と若松台小学校の6学年の教室におじゃまして、税の出前授業を実施しました。青年部会のメンバーが商店主や税務署長、小学生に扮して、日常生活の様々なシーンを題材に税の種類や税の大切さをわかりやすく伝えました。また授業の模様は地元ケーブルTVで放映されました。

この租税教室は平成22年度からスタートし、これまで約480名の小学6年生が参加、講師役のメンバーは毎回リハーサルを重ね授業に臨んでいます。なお次回は1月10日幸町第二小学校で実施する予定です。

2013.12.5「熊谷千葉市長に税制改正提言を行いました」

12月5日、大岩会長と税制委員会メンバーが千葉市役所に熊谷市長を訪問し、「平成26年度税制改正に関する提言」を提出しました。この提言活動は毎年税制委員会が税制改正に関するアンケートの実施を経て、当会としての税制改正要望事項を集約、最終的に全法連で「税制改正に関する提言」としてとりまとめたもので、11月の地元選出国会議員への要望活動に続いて今回実施したものです。

「平成26年度税制改正に関する提言」の内容は全国法人会総連合ホームページの「税の提言活動」をご参照ください。

2013.11.5「第21回千葉市若葉区民まつり」で税の啓発活動を行いました

11月3日(日)、千葉市若葉区の千城台公園を会場に、恒例の「若葉区民まつり」が多くの市民や各種団体の参加のもと開催され、今回初出店となった「千葉東法人会ブース」では『税金クイズ』や『一億円と一緒に写真を撮るコーナー』など法人会ならではのイベントが行われ、子供から大人までたくさんの来場者で終日にぎわいました。

『税金クイズ』ではなにげない普段の生活に関する○×方式の問題に、みなさん真剣にチャレンジしていました。

2013.9.15女性部会メンバーが献血を呼びかけ

9月15日(日)、アリオ蘇我(千葉市中央区)の一角に日赤千葉県赤十字血液センターの移動採血車によるオープン献血会場が開設されました。当日は台風18号が日本列島に接近し、遠出を控えた家族連れや買い物客で混雑するなか、女性部会のメンバーが“一人でも多く”との思いで献血協力の呼びかけを行いました。次回は10月20日(日)、同じくアリオ蘇我で実施予定ですので皆様のご協力をお願いいたします。

なお、献血ルームや献血バススケジュール等は日本赤十字社千葉県赤十字血液センターのウェブサイトでご覧になれます。

2013.8.18第38回千葉の親子三代夏祭り盛大に開催

33万人の人出となった今年のお祭りも、青年部会が昼の部の「みんなの広場」に、独自の租税教育活動としてお馴染みとなった「屋台村子供店長」を出店、夜の部では祭りのフィナーレを飾る「親子三代千葉おどり」に女性部会と事業委員会が団体参加しました。

「屋台村子供店長」では公募参加の市内の小学5・6年生と授産施設の子供たちが、自分たちで準備したヨーヨー釣りやスーパーボールすくいの呼び込みに、また施設の手づくりお菓子の販売に声をからしていました。“子供店長”の皆さんはその後千葉市の施設「きぼーる」会議室に移動、屋台村の売り上げをもとに真剣に消費税や所得税の額を計算して模擬納税体験する租税教室に参加、子供たちにとって夏休みならではの思い出に残る一日になりました。

一方、すっかり日が落ちるといよいよ「親子三代千葉おどり」がスタート。昼間の熱気が残る夜の中心市街地を、約2,000名の踊り手が太鼓のリズムにあわせて練り歩き、祭りの興奮も最高潮。

女性部会と事業委員会の面々に千葉東税務署の方々も加わって、女性はそろいのゆかたとタスキ、男性はブルーの法人会カラーのハッピで総勢80名が連を作り、沿道を埋めつくした人々の歓声に包まれながら観衆と一つになって最後まで祭りを盛り上げました。

2013.8.6千葉の親子三代夏祭りへの参加準備着々と

当会では例年通り、青年部会が租税教育事業の一環として昼の部の「みんなの広場」に「屋台村子供店長」を出店、夜の部では祭りのフィナーレを飾る「親子三代千葉おどり」に女性部会と事業委員会が団体参加の予定です。
青年部会では実行委員会のメンバーが、例年以上に充実した内容とすべく多忙な合間をぬって打ち合せを重ね、また女性部会ではおどりの参加希望が今年も続々と寄せられています。

全員が元気一杯にお祭りを盛り上げたいと準備を進めています。

2013.6.18第393回源泉部会研修会が開催されました

当会の源泉部会の創設は昭和49年9月にさかのぼり、「正しい税知識の普及」を目的とする千葉東法人会の本源的な活動を担う組織として長い歴史を刻んできました。

第393回目となる研修会は源泉部会会員企業から30名の担当者が出席、千葉東税務署担当官による「税制改正について(源泉所得税関係)」及び「調査のポイント(調査官の視点から)」の研修が行われ、講義終了後も参加者から熱心な質問が寄せられていました。

今後、広く一般企業も対象とした「年末調整の仕方」(10月下旬予定)「給与所得と確定申告」(1月下旬予定)も含め、年度内には400回に達する予定です。

2013.5支部合同総会開催中

4月23日(火)に開催された第1支部連合内5支部合同総会を皮切りに、5つの支部連合毎の総会が順次開催されています。

4月26日(金)の第5支部連合の総会では77名が出席、第1部「税務研修」では25年度税制改正や消費税法改正等について、千葉東税務署法人課税第一部門担当官の解説による研修を行い、第2部「合同総会」では地域社会貢献事業や会員支援事業を柱とする平成25年度事業に取り組むことが決定されました。また、第3部「交流会」では業種、地域、新旧会員等を超えた活発な交流が会場一杯に繰り広げられました。

2013.3.26決算期別法人説明会

法人会が行う「税知識の普及・税の啓発に関する活動」を象徴する事業の一つが「新設法人説明会」及び「決算期別法人説明会」です。
これら説明会は千葉東税務署・千葉県税理士会千葉東支部と当会が共催して、管内の新設全法人及び決算月を迎えた全法人を対象として実施しています。
3月26日には平成24年度第10回目の「決算期別法人説明会」が千葉県経営者会館会議室で108名の参加者をもって開催されました。
平成25年度も引き続き開催いたしますので、対象法人のご参加をお待ちしております。

2013.3.1新会員交流会

3月1日京成ホテルミラマーレにて、恒例の「新会員交流会」を会員以外の一般の聴講者含め109名の参加を得て開催しました。

第一部講演会では「投資先としてのインドネシア」と題し、当時の情勢に精通されている前インドネシア国家警察改革支援プログラム・マネージャー、前警察庁長官官房付警視監全日経(株)専務執行役員 山崎裕人氏よりご講演を頂き、第2部交流会では新会員の紹介・PRコーナーをはさみ、会場のいたるところで新会員を囲んだ交流、名刺交換が活発に行われ大盛況の会となりました。